企業ロゴは企業の顔


企業ロゴは、その起源が単なる印やマークというだけではなく、とても重要な役割をしています。ロゴマークは企業戦略として利用しています。コーポレートアイデンティティというのは、企業などがその企業があるべき存在価値を今よりもより高くするために、企業のイメージをより明確なものにするための位置づけです。その企業はどのような企業になりたいと思っているのか、将来的にどのような姿を見据えているのか、そのような企業が持っている信念のような部分を一つのデザインとして企業のロゴとして使用するのです。

世界的に有名な企業などにおいても、このロゴマークが業績に大きく関係しているというものもよくあります。現在のロゴマークでなければ、今ほど有名な企業には成長していなかったのではないかと言われるものも数多くあります。インパクトがあり、なおかつその企業ロゴを見ればその企業がどのようなものを商品として販売しているのか、どのようなサービスをしているのかということがある程度連想できる必要があります。

どれだけインパクトの強いものだったとしても、それが企業理念などとは全くかけ離れたもので、あくまで目立つだけのもの、というのであれば意味がありません。だからといって企業理念などを数多く詰め込んだゴチャゴチャとした企業ロゴであれば、それはまたマイナスなイメージを与えてしまうことになります。企業としてのイメージを維持しつつ、なおかつインパクトがあり印象に残るものである必要があるでしょう。