ロゴ作成会社を選ぶポイントについて


新しいビジネスを始める際には、社名や店名などのロゴが必ず必要になります。自分でデザインができれば良いのですが、なかなか難しいという方も多いと思います。そこで、ロゴを作成してくれる業者を利用する方法がありますが、どのようなところに依頼すればよいのでしょうか。

ロゴ作成会社の中にも、文字のデザイン化や、オリジナルキャラクターをデザインするなど種類があるため、どのようなロゴを作りたいかというイメージを膨らませておくことも重要です

会社のロゴは企業のイメージを左右するものであり、長く使い続けるものです。ロゴの作成を依頼する際には、慎重に作成会社を選びたいものです。しかし、初めてロゴを作成する方にとっては、どのようなポイントで選べば良いか迷いがちだと思います。このコラムでは、ロゴ作成会社を選ぶポイントについて解説いたします・

過去の実績をチェックする

優良なロゴ作成会社を見分けるポイントは、まず過去の実績です。どのような企業にロゴのデザインを提供したかによって、信頼性の高い業者かどうかを知ることが可能です。ホームページなどに実際のデザインを掲載している業者も多くありますが、そのデザインのイメージが、自分の求めていたものに近いかどうかも判断の基準になります。中には過去に作成した実績を全く掲載していない会社もあるようですが、そういった会社はできるだけ避けた方が無難です。

ロゴに込められた意味が伝わるかどうかも重要

過去に作成されたロゴのデザインをチェックする際には、作成されたロゴに意味がきちんと込められているかどうかを見極めることも必要です。ロゴは単なるデザイン作品ではなく、企業の理念やビジョンを表したものでなくてはなりません。作成されたロゴを客観的に見て意味を感じ取れるかどうか、つまり依頼者と作成者とのフィーリングが合うかということが重要です。

無料提案を利用する

ロゴ作成会社を始めて利用される方が、やはり気になるのがデザインにかかる費用だと思います。できれば、実際のデザイン案を見てから決めたいと思う方も多いのではないでしょうか。しかし、全くイメージに合わないデザインを提案されたのに費用がかかってしまうという事態は避けたいものです。

そのような方のために、無料でデザイン案を作成してくれるサービスを行ってくれる会社も多くあります。会社によっては、一つの案だけではなく、複数の案を提案してくれるところもあります。提案数については3~10案と、制作会社によってバラつきがありますが、必ずしも数が多ければよいというわけではなく、クオリティが重要です。

また、無料提案のデザインを見て、実際の依頼を行わなければキャンセル料を取られるのではないかという疑問を持つ方もいらっしゃるかも知れませんが、基本的に無料提案後のキャンセル料は無料なので、安心して利用できます

ヒアリング内容も重要

優良業者ロゴ作成会社のサービスの違いとしては、無料提案数だけではなく、ヒアリング内容の充実度もあります。ヒアリングとは、依頼者が希望するロゴのイメージや、表したい企業理念などの情報を収集する作業です。会社によっては色や大体のイメージなどの、ざっくりとした内容しかヒアリングしてくれないところもあれば、ロゴによって表現したいイメージのヒントになりそうな参考資料に関しては、何件でも持ち込み歓迎という会社もあります。当然、後者の方がよりイメージに近いデザインを作成してくれることが多く、ヒアリングの質が出来栄えに大きな影響を与えます。

このように、無料提案であっても丁寧なヒアリングを行ってくれる作成会社は信頼性も高く、実際のロゴのクオリティも高い場合が多いので、会社選びのポイントにされると良いでしょう。

利用規約は必ず確認しよう

ロゴ作成会社を選ぶには、実績や無料提案サービスの有無、ヒアリングの内容が重要であることをお話ししましたが、実はそれ以上にとても重要なことがあります。ロゴマークなどのデザインには、著作権をはじめとする様々な権利があるため、各会社の「利用規約」「サービス内容」をきちんと確認しておく必要があります。

利用規約のどの部分が重要かというと、主に著作権の項目です。著作権の所在や、著作権譲渡にかかる手数料に関する説明書きを必ずチェックしておきましょう。会社によってはロゴを使用する際に「著作権譲渡の手数料」が発生する場合があります。また、ロゴ使用に制限を設けている会社もあるので注意が必要です。

修正に関する項目も重要

利用規約の中でもう一つ重要なのが、ロゴの修正に関する規約が書かれた項目です。修正に関して、作成会社によって必要な費用が異なるためです。会社によっては、決められた回数の範囲内であれば、無料で修正を行ってくれるところもあります。

例えばあるロゴ作成会社では、5回までの修正は無料で対応するという規約になっていますが、色の変更などの微調整であれば、それ以降の修正にも無料で対応してくれるようです。会社によってはいくつかの作成プランが設けられており、どのプランを選択するかによって、無料修正の回数が異なる場合もあります

また、何度でも無料で修正に応じてくれる会社もあります。修正回数に制限のない会社は、逆に言えば、修正なしで依頼者の満足が得られるロゴを作成できる自信のある会社、と言うこともできます。このような点も、業者選びの際にはポイントにしていただけるのではないでしょうか。

まとめ

ロゴのデザインを依頼するにあたって、ロゴ作成会社を選ぶポイントは、まず過去の実績や実際のデザインを見て、その会社の信頼性やデザインのクオリティを見極めることです。ロゴは企業の理念やイメージを表現するものでなくてはならないので、客観的に見てそういったものが伝わるかどうかが評価のポイントです。

ロゴ作成会社の中には、デザインを正式に依頼する前に、無料でデザイン案を提供してくれるところもあります。提案数は作成会社によって異なりますが、提案数の多さよりも、デザイン案を作成するに当たって、依頼する側の希望をきちんとヒアリングしてくれるかどうかが重要です。ヒアリングが丁寧な会社は、イメージに合ったロゴを作成してくれる可能性も高いので、会社選びの参考にしてください。

また、正式依頼の前に利用規約をきちんと確認しましょう。特に注目すべきポイントは、著作権とロゴの修正に関する項目です。作成会社によっては、ロゴを使用する際に作成料金とは別途に著作権の譲渡手数料がかかる場合があります。ロゴの修正に関しても、無料修正を行ってくれる回数が作成会社によって異なるので、確認が必要です。規約を確認しておかないと、思わぬ費用が発生することもあるので注意しましょう。

新しいビジネスを始めるに当たってロゴは大切な財産になります。納得がいく出来栄えのロゴが作成できるよう、上記の内容を参考にして会社選びを行ってください。